ホーム > H27年度TOP > 事業実施内容 > 実地調査 > 沖縄

事業実施内容

◆実地調査

沖縄ワーキンググループ実地調査

1.調査概要


【目的・概要】
 次世代自動車エキスパ-ト養成教育プログラムの作成に当たり、沖縄県での環境・エネルギーに関する取り組みを取材することにより、今後の自動車を中心した社会構造の将来性を見定め、そこに従事してゆく人材ニーズを絞り込むことを目的する。
 また、自動車に関する環境・エネルギーの自治体の取り組みや、企業の取り組みを調べ、実情を検証する。

2.行程


○2015年10月23日(金)
 ・エコパーク宮古島視察
 ・バイオエタノール製造施設視察
 ・PVステーション視察(下地庁舎)
 ・宮島海宝館視察
 ・宮古島市地下ダム資料館視察
 ・ロータス東和オート視察
 ・宮古島工業高校視察
 ・E3 給油所視察
  (参加者6名)
○2015年10月24日(土)
 ・沖縄産業まつり視察  (参加者2名)

3.視察報告


宮古島市では2008年に『エコアイランド宮古島宣言』を行い「 いつまでも住み続けられる豊かな島 」を基本概念に、自然環境と共生しつつ地域資源を活用した低炭素社会の構築に向けて取り組んでいます。
今回は、本事業に関係の深い施設の重点的に視察しまた。
また沖縄は島であり塩害の被害も多大であることからサビ止めを施工した車両とそうでない車両のサビの現状も併せて視察しました。
島内の移動は MC -β(ホンダ)及びリーフ(日産)を市役所から借りて行いました。

① 宮古島市エコアイランド PR 館
「エコアイランド宮古島」についての概要説明や島内に点在するエコ施設の紹介、低炭素社会システムの構築を目指す島典型の取り組み等を、パネルや動画を使って解りやすく展示説明をする施設。
沖縄視察1
沖縄視察2
エコパーク宮古とバイオエタノール製造施設
宮古島市オリジナル EV
沖縄視察3
沖縄視察4
宮古島市の取り組みをパネル使って説明
サトウキビを原料にした発酵液体肥料の説明
沖縄視察5
沖縄視察6
宮古島市の取り組みについて説明
ソーラーカーのギネス記録達成のパネル
② バイオエタノール製造施設
宮古島市の基幹作物であるサトウキビから、砂糖を生成する過程で発生する副産物の糖蜜を原料としてエタノールを生成する施設。
製造されたバイオエタノールは、E3燃料として利用、また、製造過程で出る蒸留残渣液、残渣酵母の肥料、飼料利用など様々な活用も検証している施設。
沖縄視察7
沖縄視察8
バイオエタノールの製造過程説明
バイオエタノールプラント内
③ 下地庁舎( PV ステーション)
環境性能の高い超小型EV (電気自動車)の活用のみならず、太陽光発電を備えた充電ステーションと併せて運用するこにより走行コストや電力利用の低減化、災害時の電源利用を通じて安心で豊かな生活の実現を目指す施設です。
沖縄視察9
沖縄視察10
PVステーションの全体説明
倍速充電器…8時間でフル充電
沖縄視察11
沖縄視察12
太陽光から発電した電気を蓄える蓄電池
(東芝リチウム電池)
東京モー タショ2015宮古島仕様の MC ―β
沖縄視察13
会津視察14

④ 宮古島海宝館
島内に4カ所ある中速充電器設置場所の1つ。中速充電器は1時間の充電時間で約8割の充電が可能な充電器です。
中速充電器は塩害防止のために小屋の中に設置。

沖縄視察15
沖縄視察16
中速充電器…1時間で8割充電
リーフ(日産)に充電中

⑤ 宮古島市地下ダム資料館
世界で初めての大型地下ダムの建設技術や構造、地下水のメカニズを映像やナレーションでわかりやすく解説している施設。

沖縄視察17
沖縄視察18
地下ダム水位観測施設
資料館にて地下ダムの構造説明

⑥ ロータス東和オート・宮古工業高等学校
施設及び車両をお借りして宮古島で使用されている電気自動車で錆止めを施した車両としていないの車両の錆を見比べると共に錆止め塗装の仕方などの説明も受けました。
錆止めを施した車両の錆は 4年経過してもほとんど錆はなく重要性を感じました。

沖縄視察19
沖縄視察20
錆止め塗装施工中
足回りにも錆止め塗装を行う
沖縄視察21
沖縄視察22
アイミーブアイミーブの見学
アイミーブアイミーブ電池付近(錆止めなし)
  • 沖縄視察23
  • 沖縄視察24
  • 沖縄視察25
リーフの見学          錆止め施工車両        錆止め未施工車両   

⑦ E3給油所
サトウキビから生成したバイオエタノールとガソリンの混合燃料( E3 )を販売している給油所。給油方法は従来のガソリンと変わらない。
E3ステーションは現在、宮古島に1ヵ所。

沖縄視察26
沖縄視察27
沖縄視察28
車両に給油中

⑧ 沖縄産業まつり
沖縄県を拠点とする企業、各種団体、個人の新商品や特産品など幅広い分野の総合産業展で今回はコンバージョEVを中心に視察しました。

沖縄視察29
沖縄視察30
農業用EV
農業用EVのモーター
沖縄視察29
沖縄視察30
コミュニティービークルのパネル
コミュニティービークル
沖縄視察33
沖縄視察34
展示ブース
スケルトニクス・ロボット
△ページトップに戻る