ホーム > H28年度TOP > 福島実証講座の実施と評価> 評価・検証

福島実証講座の実施と評価

◆評価・検証

1.評価・検証
(1)福島実証講座 産官学委員による評価結果
福島実証講座 産官学委員による評価結果 PDF

(2)福島実証講座受講(前)アンケート結果
福島実証講座受講(前)アンケート結果 PDF

(3)福島実証講座受講(後)アンケート結果
福島実証講座受講(後)アンケート結果 PDF

(4)福島実証講座 受講者「受講後アンケート」からの評価
福島実証講座 受講者「受講後アンケート」からの評価結果 PDF
(5)福島実証講座 履修確認試験からの評価結果
1.履修判定問題と正答率
履修判定問題 授  業 正答率 兵庫 比較
1 低炭素社会づくりの行動計画 次世代自動車と社会 31% 57% -26
2

燃料電池車の説明

  74% 87% -13
3 電気自動車の説明   84% 96% -12
4 電気自動車の駆動用モーター EV車のモーター技術 100% 100% 0
5 電気自動車の回生ブレーキ   63% 70% -7
6 インバーターの説明   53% 57% -4
7 DC-DCコンバーターの変換電圧   53% 96% -43
8 リチュウムイオンバッテリーの特徴① EV車の充電技術 89% 74% +15
9 リチュウムイオンバッテリーの特徴②   84% 91% -7
10 バッテリの管理   95% 96% -2
11 バッテリの劣化   84% 61% +23
12 法的な低圧とされる大きさ 整備時の安全作業 47% 74% -31
13 高電子端子やハーネスの識別色   89% 83% +6
14 高電圧経路遮断後の安全確保   79% 74% +5
15 アウトランダーPHEVの特徴 アウトランダーの構造・整備技術 67% 56% +11
16 アウトランダーPHEV駆動用バッテリー   92% 56% +36
17 アウトランダーPHEVのジェネレーター   50% 53% -3
18 アウトランダーPHEVの構成部品   75% 74% +1
19 サービスプラグの取り付け位置 トヨタプリウスの構造・整備技術 33% - -
20 ガソリンエンジンの機能   53% - -
21 緊急時の対応   80% - -
22 液漏れへの対応   93% - -
23 V2Hの機能 V2Hの取り扱い 92% - -
24 V2Hの給電車種   100% - -
25 V2Hの充電機能   83% - -
平均点(兵庫は水素関係の設問を加えた37問の平均) 74% 71% +3
2.履修確認試験からの考察

(1) 正答率の低かった設問の誤答の原因(70%以下)
設問 低炭素社会作りの行動計画(正答率:31%)
原因 低炭素社会作りに必要な我が国の施策の各部門の目標についての設問でしたが、講義中の2015年~20年、2030年、2050年までの目標についての年代別に説明が不十分であったため、正答率が悪くなったと思われる。
設問 電気自動車の回生ブレーキ正答率:63%)
原因 電気自動車の回生ブレーキの作動と電気自動車特有の油圧ブレーキの作動について、講義中の説明時間が少なかったように思われる。
設問 インバーターの説明(正答率:53%)
原因 直流と交流の電気を相互に変換する装置の特徴についての設問でしたが、交流モーターと直流蓄電池の間で電気のやり取りをするインバーターについて、講義注の説明時間が少し足りなかったように思われる。
設問 DC-DCコンバーターの変換電圧(正答率:53%)
原因 ハイブリッド車のコンバーターの特徴と電気自動車(リーフ)のコンバーターの特徴を勘違いしている参加者が多くいたように思われる。
設問 法的な低圧とされる大きさ(正答率:47%)
原因 ①低圧を家庭用電源の100Vと動力200Vに勘違いしている参加者が多く、また実習作業時の説明時間も少なかったように思われる。
②時間配分の関係上、導入箇所を簡潔に説明し、実際整備するうえで気を付けなければいけない点や気を付けて作業する箇所に重点を置いて、実技を行い、都度個々に説明を行ったためと考える。
設問 アウトランダーPHEVの特徴(正答率:67%)
原因 ほぼ7割近くの参加者が正解しているため、参加者の知識の習得レベルと思われるが、今回の設問の中では難解なレベルの問題と思われる。
設問 アウトランダーPHEVのPDU(正答率:50%)
原因 講義中のアウトランダーPHEVの構造部分の説明に費やす時間配分が多くなく、PDUに対する知識レベルを向上できなかったと思われる。
(2) 福島と兵庫の正答率に差が生じた原因(20%以上の差)
設問 低炭素社会づくりの行動計画(差-26%)
原因 兵庫県の実証講座では、兵庫県の取り組みの説明を1コマ目の最後で説明する時間があり、その中で再度低炭素社会作りの説明をしたことが、兵庫県ではよい試験結果となったのではないかと思われる。
設問 DC-DCコンバーターの変換電圧(差-43%)
原因 今回の福島県の実証講座はEV車のモーター技術の講義と2日目にプリウスPHVの構造理解で同じDC-DCコンバーターを受講した参加者の勘違いによる間違いと思われる。
設問 バッテリの劣化(差+23%)
原因 ①福島実証講座では2コマ目~8コマ目までがバッテリを使用した次世代自動車の構造についての講義及び実証であり、重要質問などでバッテリの劣化についての質問等が非常に多く、参加者に印象が深かったように思われる。
②履修判定問題の部分や、重要であると思われる部分に説明のウエイトを大きく置いたことにより、時間的な余裕が生まれ、より詳細な補足説明が可能になったことにより理解度が向上したと思われます。
設問 法的な低圧とされる大きさ(差-31%)
原因 兵庫県では一般の参加者が多く、低圧電気の知識についての導入部分の内容で危険認識が高く、記憶率が高かったと思われる。
設問 アウトランダーPHEVの駆動用バッテリ(差+36%)
原因 結果的に兵庫県の担当特別講師と福島県の特別講師が同一ではなく、駆動用バッテリに関しての説明部分の印象が福島の方が良かったと思われる。
△ページトップに戻る